防水加工をしてiPhoneを守ろう

iPhoneは水に弱い!?

iPhoneはとても精密な機械で、iPhoneが水没してイヤホンジャックやマイク、スピーカーから本体に水が侵入すると動作の不具合や液晶が映らなくなるなど不具合が発生します。最新のiPhoneの機種は防水機能が標準装備されていますが、水没してしまった場合、iPhone内にある液体侵入インジゲーターに水没履歴が残ってしまいます。この履歴が残ってしまうと、水没の際には故障や不具合が起きなくても、その後のiPhoneを修理する際に、製品の1年限定保証などの対象外となって、修理代金が高くなったり、修理することができない場合が出てきます。防水機能が搭載されているモデルでも、水没には気をつけなければもしもの時に大変になります。

もしもの水没に備えて!防水機能を強化する方法

iPhoneはとても高価で精密な物です。万が一、水没して内部機械が損傷してしまうと日常生活も不便になるし、修理代などの出費で大変になります。そうなる前に、iPhoneに防水加工を施しておくと、水没した時に水から守ることができます。
iPhoneを水没から守る為には、スマートフォン防水加工専門店でiPhoneを防水加工することです。iPhoneの見た目や重さは、加工をする前とほとんど変わりません。端末内にナノレベルの皮膜を形成することで、急な水の侵入を防いでくれます。
これに加えて、iPhone専用の防水ケースを利用することで、二重にiPhoneを保護することができて、もしもの水没の際にも安心です。