iPhoneを水没させてしまった時、修理に出すと復旧できるの?

修理に出す前に心がけること

iPhoneを水没させてしまったら誰もが焦りますよね。多くの人は、最初に電源が付くかをすぐに試したくなるかと思いますが、それは間違った行為です。もしiPhoneを水没させてしまったら、まずは水分をふき取り乾かすようにしましょう。電源を入れると故障してしまう可能性が高くなるので、電源ボタンに触れずに数日間待ちましょう。早く乾かしたいからとドライヤーを使うということもよくありません。そして、simカードを抜くということも必要です。iPhoneを生き返らせるためには、常温で数日間乾かすということが重要なポイントです。その後修理に出すようにしましょう。もしかすると、乾かしたことによって電源が復旧するかもしれません。

防水加工で事前に対策!

iPhoneを水没させてしまったときに、もしも自分のiPhoneが防水ならばと感じたことがある人はいませんか。実は、iPhoneに本来ない防水加工をしてもらえる店というものがあります。最新機種ならば防水加工があるので特に問題ないでしょうが、過去の機種を使っている方には朗報です。7000円程度で加工ができます。また、店舗にiPhoneを渡すのが面倒だという方には、防水ケースがお勧めです。約2000円程度で購入することができます。もし落としてしまった時の対処法ももちろん大事ですが、落としても大丈夫なように対策をしておくことのほうが、あとで困らずに済むでしょう。対策ができるならば、今すぐ対策することがお勧めです。